スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7 所感

そんなわけでうちに7さんがやってきてしばらくした訳ですが、まずは7自体の感想を箇条書きで。

・起動が早くなった……かどうかはなんとも。PCの性能と自動起動するソフトの量が関係しますしね。
・ガジェットが自由な配置に→それって普通のミニアプリと変わらn(ry というかそもそも使わないという。
・どうも今までと同じシステムに新しいGUIをかぶせてるっぽい。ちょっとしたカスタマイズをするのに、どこから変更すればいいのかわからないことがあって困る。
・XPに比べ、あれやこれやと確認を迫られる。面倒だけど、安全性を考えると仕方ないかも。
・タスクバーが便利になったのは間違いない。これだけはおすすめ。


で、弾幕風に関する感想はといえば

・とりあえずHomePremiumの32bit版だと弾幕風は動いてくれます。
・ウィンドウモードでも60.00fpsがでるようになったっぽい(XPのウィンドウモードだと57.00fpsが限界だったはず)
・他は普通。コントローラーなどのデバイスも普通に認識してくれます。
・64bit版は未検証。
・7さんとは直接関係無いけど、PCの性能が上がったので処理落ちがし辛くなりました。でもスクリプトが軽くできてるのかどうか分かり辛いのが困ったところ。
スポンサーサイト

Windows7 始めます

タイトルで分かっていただけるかと思いますが、すったもんだの末、PCを新調する事にしました。

うん、結局HDDがお亡くなりになったらしく、どうあがいても読み込めなかったんだ……。しかもリカバリーできなかったし……。

そんな訳で買い換えたnewPC。性能は現在のPCと同価格帯にしての約8倍。メモリ4GBとかもうね、マイUSBメモリの2倍もあるじゃねぇかと。
ちなみにHDDは500GB。CPUの性能はちょっと忘れたけど、もう最近のパソコンはイミフだね。多分10年前に「スーパー」の名を冠していた企業用の巨大なコンピューターですら鼻で笑えそうな気がします。

ちなみにOSはWindows7 のホームプレミアム。32ビット版と64ビット版が選べて(デフォは32)、再セットアップ時にどちらか選べるらしいのですが、64ビット版にすると使えないソフトが増えるらしいので、当面は32ビット版でいこうと思ってます。

おそらく明日届きますので、弾幕風の動作報告なんかもできるんじゃないかなぁと思いつつ、今回はこれにて失礼。

個人的お知らせ

1月の弾幕風コンテストですが、やんごとなき理由により参加できないかもしれません。
といっても大した理由ではなく、MY唯一にしてメインであるノートパソコンのwindowsさんが起動してくれないだけ。

このブログはCDに焼いたLINX系OSを起動させて(詳細はそのうち書くかも)同梱されていたブラウザを起動させれば更新も何とかなります。
が、exeファイルはwindows専用(だったはず)なのでこのosでは起動できない→弾幕風起動できない\(^o^)/

そこでデータのサルベージですが。
もともと外付けHDに保存していた分:無問題
dドライブに移動させていたデータ:サルベージ完了。弾幕風関係のデータとかなんとか。
cドライブ内のデータ:読み取れなくて困ってる状況。

もうちょっと調べてcドライブのデータも回収→リカバリーと持っていきたいところ。なんとか……なってくれるといいんだけど。

気が付けば・・・・・・

もー、いーくつねーるとー、おs……はっ!

気が付けば2010年。時間の流れとはかくも早いものなのか、そうでもないのか。
そんな訳で年末に忙殺されているうちにコンテストの評価を忘れてしまいました、というお話でした。ごめんなさい。


でもせっかくコメントをいただいたので反応しちゃいます。

・SLB
 「誘導すれば簡単でしたw」的なコメントで溢れると思ってたら一件だけだった。おそらく同系統のスペカを作ってらっしゃった(みょんのアレ)から分かりやすかったのかなぁ、と。
・隠し腕
 星(小)は固定弾にして自機狙い(パンチ)が来るまではあまり弾避けに気を使わなくていいようにしたはず……?
 腕の動きのギミックは無駄に頑張りました。SLBの次に手間がかかってます。
・雛回転
 誘引……?
・霊夢札
 非想天則のエフェクトのパクリですなんですけどね……。弾幕アクションの方はエフェクトが凝っていて非常に参考になります。

/*
背景作成が楽しすぎる。今回、一番気に入ってるのが背景だったりして。
あとギミックを凝ってしまったせいでリプレイ撮る時間ががが(SLBの弾幕部分だけで10日使ってます
*/
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。